2008年02月19日

父のモンブラン(訂正あり)

先日の日曜日、リビングの引き出しを整理していて見つけました。

080219_190936_ed.jpg

木製ではなく、ヘアライン加工された樹脂製と思われるボディに、
一瞬、「LAMY2000」?と思ったのですが・・・

080219_191109_ed.jpg

モンブランでした。
父に聞いてみると「あ、その万年筆、昔、お父さんが使っていたんだよ。
昔、仙台で買って結構使っていたんだけど、もうインクが出なくなっちゃってね…
でも、安物のモンブランだよ。これを見た人がそう言ってた。」

とのことでした。

こういうものを見つけると、俄然やる気が出る私。(笑)
ペン先を洗浄して、キャップの中も綿棒で掃除して、何とか書けるようになりました。
実際書けるようになると、インクの途切れのなくスラスラと気持ちの良い書き心地。
「まだ、十分、使えるよ〜!」と少々得意気な私。(笑)

080219_191156_ed.jpg

軸尻部分にも「ホワイトスター」があって、何だか可愛い。

ペン先は、

080219_191249_ed.jpg

こんな感じ。鉄ペンっぽいです。585の数字が書いてあります。
コメント欄で教えて頂きましたm(__)m 有難うございました!!
ペン先は、鉄ではなく14Kだそうです。


モンブランの安価版でしょうか?知識が無い私には詳しいことはわかりません。

この万年筆について何か情報をお持ちの方、教えて頂けると幸いですm(__)m

posted by ともっち at 19:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 筆記具(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ともっちさん こんばんは!

お父様も文具にこだわりがある方でらっしゃるんですか?
ホワイトスターがカワイイですね〜!
それより万年筆を直せるともっちさんがスゴイと思いました・・・!!
Posted by まーうさ at 2008年02月19日 21:40
キャップリングに「MONTBLANC 220 GERMANY」とか
「MONTBLANC 320 GERMANY」書いててありませんか?

ペン先に585と刻印があるのなら普通は14Kと思いますよ!
Posted by かめさん at 2008年02月19日 23:43
*まーうささん*

うちの父は「文具」には特にこだわりが無いようですが、
この万年筆は大学時代〜卒業後数年の間に購入したもののようです。
モンブランのホワイトスターは、とても良いポイントになっていますよね。
ただ洗浄しただけで書けるようになったので、
ペン先はさほど痛んでなかったのだと思います。
Posted by ともっち at 2008年02月19日 23:47
*かめさん*

はじめまして、コメント頂き有難うございます!!
キャップリングを確認しましたところ「MONTBLANC GERMANY」と書いてありました。

>ペン先に585と刻印があるのなら普通は14Kと思いますよ!
そうでしたか!教えて下さって有難うございましたm(__)m早速訂正しておきます。
Posted by ともっち at 2008年02月19日 23:57
コレは320のシルバートリムモデルだと思います。
どーむは220(ペン先が18K)ゴールドトリムモデルを持ってますよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ttokondo/41508192.html

結構首軸が弱いので、乱暴に使うと首軸が割れたり折れたり。。。
Posted by どーむ at 2008年02月20日 18:44
*どーむさん*

教えて下さって有難うございます(^-^)
古いモンブランに関してはまったく無知なので
助かりました。ペン先の数字についても納得です。

壊れさないように大切に使いたいと思います。。。
Posted by ともっち at 2008年02月22日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。