2006年12月27日

木の定規(黒檀)

12月10日、小田原にショッピングに行った際に立ち寄ったのが「菜の花」という
和菓子屋さん。
以前は2階が喫茶室になっていたのですが、現在は作家ものの陶器や布小物
などを販売するショップになっています。

061227_190536.jpg

暮らしの道具店(詳細はこちら

そこで、たまたま目についたのがこちら・・・

DSCF3475.JPG

「木の定規 ¥1,050」

もう少しアップにしてみると・・・

DSCF3472.JPG DSCF3474.JPG

こんな感じです。
今回は比較的重量感のある「黒檀」を選択しましたが、他にウォールナットもあり、
黒檀よりも明るい色で軽かったです。

側面から見ると・・・

DSCF3476.JPG

こんな感じ。
程良い傾斜が付いているため、使いやすいです。

店員さんのお話では、この定規は「小泉 誠」さんという方の作品とのこと。
家に帰って調べてみたところ「こちら」にありました(メイプル、チェリーもありました)。
他にも色々と気になるものがありますねー。

木のぬくもりが大好きなので、素敵な定規に出会えて良かったです!
ペンなどのインクが染み込むのはイヤなので、
この定規は鉛筆や芯ホルダー専用にしたいと思います。

小田原にお立ち寄りの際は、是非一度、お店を覗いてみて下さいね
(和菓子もオススメですよ!)。


<リンク先>
菜の花
菜の花 暮らしの道具店
こいずみ道具店



posted by ともっち at 21:16| Comment(6) | TrackBack(1) | 文房具(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これステキですねー。
何ともいえず良い感じです。
作家さんのミニ展覧会?って時折見かけるので私もこれから覗いてみようかな。
Posted by manu at 2006年12月27日 23:08
ともっちさん こんばんは!

竹…かな?定規は今でもあるんですよ。
自然素材の定規って温かみがあって好きです。
仕事では定規使ってカッターで用紙切ったりするんで、もったいなくって使えないィ〜〜!
Posted by まーうさ at 2006年12月27日 23:31
お〜、
何だか昔の「ものさし」的な趣ですね。
凄くいい雰囲気だなぁ。
Posted by U凪 at 2006年12月27日 23:47
*manuさん*

良いでしょう〜!
鉛筆用に、manuさんもお一ついかがですか?
作家さんのものって、思いがけず素敵なものに出会うこと
が多いので、展示会などはなるべく覗くようにしています。
Posted by ともっち at 2006年12月27日 23:59
*まーうささん*

竹の定規、懐かしいですね〜。
小学生だった頃、毎日普通に使っていましたよね?
その後、竹の定規が懐かしくなってミニ版を購入し、
今も愛用しています。
さすがにカッター使用は出来ないですね…。
Posted by ともっち at 2006年12月28日 00:01
*U凪さん*

>何だか昔の「ものさし」的な趣ですね。
そうそう(笑)、穴(点々?)が懐かしくないですか?
黒檀のシブイ色目がとても気に入っているのですが、
目盛りが見難いことに後で気付きました(汗)。
定規にしてはお値段が張りますが、目盛りの刻みもしっかり
していますし、角の仕上げもとても丁寧で良い作りです。
Posted by ともっち at 2006年12月28日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: インクインク(''ink'')は顔料・染料を含んだ液体で、文字を書いたり表面に色付けするために用いられるものである。油性、水性、ジェルなどの種類がある。印刷で用いるものはインキ(オランダ語の Inkt..
Weblog: こだわりの道具選び
Tracked: 2007-11-23 09:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。