2006年02月17日

バッグに必ず入れるもの

昨日は12:30から「SeeSaaブログのディスク障害による緊急メンテナンス」
とのことで、更新できませんでした。。。
そんな中、当ブログを覗きに来て下さった方々、本当に有難うございました。
今後も出来る限り頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


では!気を取り直していきますね(笑)。

本日ご紹介するのは「ガム&フリスクケース」です。

私は以前から、外出時には大抵この2つを携帯しています。
食後に歯を磨けなかった場合には、お口のエチケットになりますし、
買い物などで疲れたときには、リフレッシュ効果もあるからです。

最初はガムやフリスク、キャンディなどをまとめて小さなポーチに
入れていたのですが、「もう少しスマートに持てるケースはないかしら?」
と思っていたところ、見つけたのが、こちらです。

ガム、フリスク

一つ、余計なものが写っていますが…
これは缶のデザインがマルということで(笑)。

一番左に写っているのが「ガムケース」
右下に写っているのが「フリスクケース」です。

今回はブルー系で統一されていますが、これは私が「ガムとフリスク」
からイメージする色が「ブルー」だからです。


ケースを開けてみるとこんな感じです。
両者ともジャストサイズでぴったりと収まっています。
ちなみにガムは「クールミント」、フリスクはおなじみの「FRISK」です。


ケースを開けたところ


ロゴ部分を拡大。
まずは、ガムケースから…


エルメス

そう、こちらは何と「HERMES」のものだったんです!
色は人気の「ブルージーン」

私は最初に「HERMES」の店舗でこの商品を見たとき、
何に使うものか分からず、店員さんにお聞きしたところ、
「ガムケースですが、リップケースとしても使えます」とのことでした。
確かに「CHANEL」の四角いリップケースはぴったりと収まりました。

お値段は3万円ちょっと…とかなりお高め(汗)。
でも、一見ムダ?とも思える小物を作っている「HERMESの遊び心」が
私は好きです。
実際使ってみると納得なところもさすがです。
なかなか手が出せませんが…。

最近、ガムは粒状のものが主流ですが、
板状のものでは、「バッグの中でガムが散乱する」
ということがしばしばありました。
このガムケースを購入してからは、その心配がなくなり、ひと安心です。
ただ、ガムが残り少なくなると、ケースがつぶれやすいので要注意です。


次に、フリスクケースのロゴを拡大。

伊東屋ロゴ

ちょっと見づらいですが、こちらに見覚えはありませんか?
そう、またもや「ITO-YA」のものだったんです。

以前ご紹介した「メモカバー」、「切手ケース」に続いて
「伊東屋オリジナル革小物」の第3弾です。
「伊東屋」も、革小物が本当に充実しています。


皆さんも、ガムやフリスクを持ち歩くとき、
ちょっとよそ行きの着せ替えをしてみませんか?
イヤな外出も楽しくなること間違いなしです(笑)。



posted by ともっち at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ともっちさん こんばんは!

ケガの方はいかがですか?コメントに全身痛いって書いてましたけど、しばらくするとだんだんよくなってくるハズなので(私の経験ではケガして3〜5日くらいがヤマ場)お大事にして下さいね。

普段むき出して持ってる物も、ホントこういう風に着せ替えするとガムすら高級に見えますね!そうか、リップケースがガムケースに使えるかもしんないっすね…あ、粒ガムしかないや(爆笑)
Posted by まーうさ at 2006年02月18日 22:41
*まーうささん*

ご心配くださって、有難うございます!
おかげさまで大分良くなりました。
全身の痛みはとれて、あとはキズのみとなりました。

ガムやフリスクもケースに入れると「おしゃれ」に見えますよね?
そのうち「粒ガム用ケース」も出ないでしょうか?
あ、でも、かえって邪魔かな(笑)?
Posted by ともっち at 2006年02月18日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。