2008年10月05日

崎陽軒の「ひょうちゃん」

先月、朝日新聞に、とある記事が載った。

「ひょうちゃん」一部商品から姿消す

「ひょうちゃん」といえば、横浜名物、崎陽軒のシウマイに付いている
磁器ひょうたん型しょうゆ容器である。

記事によると、シウマイの原料の価格高騰によりシウマイの一部商品値上げ
とともに、こだわりのしょうゆ容器にも影響が及ぶとのこと。

残念な記事ではあるが、「一部商品」で良かった・・・というのが本音。

というのも、2008年7月より「100周年記念ひょうちゃん」という特別バージョン
のイラストが入ったひょうちゃんが登場したからである。
(ひょうちゃんの歴史については崎陽軒HPを参考になさって下さい。)

地元神奈川ということもあり、崎陽軒のシウマイは子供の頃からなじみがあった。

そして「ひょうちゃん」もコルクの栓(H8よりゴム製に変わる)の頃から
知っているが、今まではさほど気にとめたこともなかった。

しかし!今回の柳原良平氏が手がけた「100周年記念ひょうちゃん」はかなり私好み。

いつものように、横浜の親戚がくれたシウマイの中に今まで見たことも無い
「ひょうちゃん」が入っていたのに気づき、調べた結果「100周年記念」
の特別柄だということが判明したのだ。

長い前置きになりましたが(笑)、現在手元にある「ひょうちゃん」はこちら

まずは、普通のシウマイ(15個入り)に入っていた「ひょうちゃん」
大きさは小で、初代ひょうちゃんを手がけた横山隆一さんの柄?だと思います。

081005_222807_ed.jpg

素朴なですが、なんとも愛嬌のある表情です。

そして、こちらは100周年記念ひょうちゃん

081005_222850_ed.jpg

左が小、右が大(大は特製シウマイ12個入りに入っていました)
いい意味で「おっさんくささ」がにじみ出ていて(ごめんなさい)、
なんとも愛着の沸くお顔ではありませんか?

全部で7種類×2サイズ(大小)の展開(画像は2008年9月9日(火)付、朝日新聞朝刊より)

081005_223015_ed.jpg

とのことで、出来る限り集めたい(特に大)と思っています。

それから、いつか工場見学にも行ってみたいなぁ〜。(笑)

posted by ともっち at 23:07| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ともっちさん こんばんは!

誰かのお土産でいただいたシウマイに入ってた「ひょうちゃん」我が家にもありますよ!
1個だけなんですが、こんなに表情豊かなのもあるんですね〜!
形が形なだけに「バーバパパ」みたいです。
Posted by まーうさ at 2008年10月06日 22:59
*まーうささん*

コメント有難うございます!
一家に一つはありそうな「ひょうちゃん」。
まーうささんのお宅にもありましたかー!
>バーバパパ
確かに。(笑) 特に大きいサイズは似てますねー!
Posted by ともっち at 2008年10月07日 21:42
コレは頑張って続けて欲しいんです。
せっかく定着したものですし、大変だとは思いますが大事な「お約束」は守って欲しいなと。
Posted by どーむ at 2008年10月12日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。